脊柱管狭窄症

当院の施術で改善されたお客様の声

治療を受けるごとに腰痛が
無くなっていくのがわかりました

T.T様
T.T様
腰痛と足の冷えも良くなり、5時間以上畑仕事が出来るようになり感謝しております。周りの方にも姿勢が良くなったと言われ嬉しいです。

ずっとしたかった事ができて
楽しく生活できています

M.S様
M.S様
ずっとしていなかった畑仕事やグランドゴルフも出来るようになったので、楽しく生活が出来ています。妻も子供達もみんな喜んでいます。

なぜ脊柱管狭窄症患者の9割が満足するのか?

このお客様の声はほんの一部ではありますが、きっとあなたと同じ悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?そのような方が今では痛みを気にせずに生活を送ることが出来ています。それがほんの少しでも励みになれば嬉しく思います。


他にも多数のお客様の声を頂いています

このような症状でお悩みですか?

  •  殿部から足先にかけて痛みとしびれがある
  • 重たい物を持つと痛みとしびれがひどくなる
  • 朝起きると両殿部が痛い
  •  異常に足先が冷たい
  •  薬はよくないのは分かっているが1日に3回以上の鎮痛薬を飲んでいる
  • 長時間歩いたり、立っていると足の痛みがだんだん強くなってくる
  • 腰だけでなく背中から首肩が凝っている
  • 夜中にふくらはぎをつることが多い
  • 思うように身体が動かず、休みながら家事や仕事をしている
  • 手術しないで改善したい

他ではよくならない理由

腰痛や足の痛みや痺れを感じたみなさんが、まず思い浮かべるのは、

「整形外科に行こう。」

そこで、レントゲン、MRI、血液検査…
色んな検査をした結果、
『脊柱管狭窄症』
と判断され、施術に進みます。

しかし、薬や物理療法などでは、説明された通りになかなか改善されないケースが多くあります。

そしてみなさんが病院で
「痛みと痺れに耐えられない。」、
このように言うと
『手術して、症状を改善しましょう』
といった流れになっていきます。

しかし、手術で体にメスを入れ、椎間板や骨の一部を取り除いたりすることで、体のバランスは容易に大きく崩れてしまいます。
そのような、今後の体へのリスクを冒すことなくケアできれば、それに越したことはありません。

手術をしたことで、かえって症状が悪化し、生活が困難になった方も、私たちは病院勤務時代から多数見てきています。

「注射を打ったらよくなるんですけど、時間が経つとまた元に戻ってしまいます」という話をよくお聞きしますが、痛み止めを打って楽になるのは、良くなっているのではなくて、痛みが一時的にマヒしているだけで、体には負担がかかり続けています。

症状についての説明

脊柱管とは、背骨の中にある脊髄(神経)の通り道で、脳脊髄液という水で満たされています。

腰椎の脊柱管が、腰椎・椎間板の変形や老廃物の蓄積、椎体同士のズレなどによって狭くなり、神経を圧迫して症状が発生します。年を取ると背骨が変形したり、椎間板が変形したりすることで、このような狭窄が起こりうるため、腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に多いのが特徴です。

特徴的な症状は、「間欠性跛行」

歩行中に腰から足にかけてしびれや鋭い痛みが生じ、歩けなくなります。前かがみの姿勢で少し休むとまた歩けることが特徴ですが、長距離歩行に支障が出やすいです。

大事なのは、「なぜ?」このような症状が出ているか、その原因です。
それを解決しない限り、根本的な改善にはなりません

原因

原因1 骨盤に対して、上半身の体重が正確に乗っていない。

上下の背骨に歪みがあると、脊柱管内は狭まりやすく、神経を圧迫する原因になります。
姿勢の崩れを筋肉で無理やり支えているため、マッサージしてもすぐに戻ってしまうのです。

このような方は、日常生活のちょっとした原因が、骨・筋肉・内臓など身体を構成するパーツが歪み、腰に負担として積み重なっていきます。
その生活の原因とは何があるのでしょうか?

原因2 食事や動きなど、生活習慣上に問題がある。

骨盤のバランスが崩れる原因や、痛み・痺れを引き起こしやすい原因として、
生活習慣があります。日常生活での、“ちょっとした原因”の積み重ねが今のあなたの症状を作っています。

例えば、油物の過剰な摂取は、炎症症状を助長させる要因となります。また、油は肝臓で分解するため、慢性化すると肝臓の硬さや歪みを引き起こします。

肝臓は人の体で最も重い臓器のため、肝臓の歪みによって、背骨は容易に歪み、脊柱管を狭める要因の一つとなりかねません。

他にも、座り方・歩き方・食事習慣(五大栄養素、添加物等)・水摂取不足など、様々な要因によって、脊柱管を狭めたり、炎症を助長しやすい体質となってしまいます。

当院での改善方法

まず、骨盤・脊柱の歪みを整えることで、骨のズレによる脊柱管内の狭窄を取り除き、体を必要最小限の力で支えられる状態を作ります。
次に、腰椎周囲の内臓(肝臓・腎臓・胃など)の歪みを取り除き、腰部への負担をとっていきます。
そして、頭蓋骨・仙骨への施術で、脊柱管内を満たしている脳脊髄液の循環を直接高めることで、脊柱管内に蓄積している老廃物を少しずつ流していきます。

また、検査結果から根本原因が明確になるため、あなたに合ったオーダーメイドの食事指導を伝えることができます。そのため、無理なく生活習慣の見直しに取り組まれている方が多いです。

筋骨格、内臓を整え、姿勢、食生活を改善させることにより、脊柱菅への負担を軽減させ、手術や薬なしでも痛みなく動ける身体に改善されていきます。

もし、病院や施術院で、毎回薬の処方のみや同じマッサージだけで、日常生活のアドバイスを受けたことがなく、なかなか改善しないと悩んでいるのであれば、脊柱管狭窄症の専門家である私たちにお任せください。

LINE、お電話でのお問い合わせはこちらから

院情報/アクセス

院名 Total Body Care 秀美
住所 〒377-0008 群馬県渋川市渋川905-22 サンフェリア坂下W-1号室
電話番号 090-1402-2471
営業時間 9:00~20:00 (不定休)
定休日 日、祝日
代表 狩野秀旭

院情報

完全予約制
受付時間  9:00~20:00 (不定休)

定休日 日、祝日

〒377-0008 群馬県渋川市渋川905-22 サンフェリア坂下W-1号室